クッキーの設定について

メッツラーは、次に掲げる種類のクッキーを、お客様が当サイトを訪れた際のご利用を最適化するために使用いたします。

これらのクッキーは、当サイトの運営に技術的に必要であるか、法令等(当グループが拠点とする欧州関連含む)において必要とされる情報を保存します。*したがって、選択を解除することはできません。

また、クッキーは設定を保存して、オンラインサービスを継続的に改善したり、サイトへのアクセスをより便利にしたりするのに役立ちます。受け入れたCookieを個別に選択し、いつでも設定を変更できます。詳細についてはこちらを参照してください。

 

これらのクッキーは、当サイトの運営に技術的に必要で、かつ法令等(当グループが拠点とする欧州に関するものを含む)において必要とされる情報を保存します。*したがって、選択を解除することはできません。

これらのクッキーは、当サイトを改善する為、統計をとるためと分析のために匿名データを収集します。

これらのクッキーにより、当サイトの使用が容易になります。たとえば、設定を30日間保存できます。

ご挨拶

ゲアハルト・ヴィースホイ無限責任パートナー B. Metzler seel. Sohn & Co. 株式合資会社
ゲアハルト・ヴィースホイ(Gerhard Wiesheu)

メッツラー・アセット・マネジメント株式会社のサイトへようこそ。

平素のご高配心より感謝申し上げます。
ここでは、弊社のグローバルな金融サービスの内容をそのユニークな沿革と経営哲学と共にご案内します。

2001年の弊社設立にあたり、その趣旨は、長年培った投資顧問業務経験、及び信頼に値する独立したパートナーとしてグローバルな投資戦略とサービスを日本のお客様にお届けすることにありました。

爾来、弊社は、1674年創業ドイツ最古の家族経営によるプライベートバンクを国際的に展開するメッツラーファミリーの重要かつ継続的な一翼を担って参りました。

私共が目指すのは、絶えず変化する環境に、長期的な視野のもと迅速に対応する能力と起業家精神を常に併せ持つことです。

常に未来志向的に行動すると同時に取り巻く環境の要請に応じて変化を厭わない、これこそが私共が世紀を超えて着実堅実に保持してきた原理原則です。

不透明な時代の危機を巧みに回避し、既存と新規、さらには一見すると反証的な事由も併せながら常に新しい考えや視座を追い求めます。

言うまでもありませんが、常に希求してやまないのは、お客様の利益であり、ご希望です。
そのために何が保持に値するのかという感覚を研ぎ澄ましています。

こうした価値は日独両国の文化にしっかり根付いているものと私は個人的に確信します。

1981年、初めて私が日本の地に足を運んで以来、この魅惑的な国は私に消えることのない印象を数々与えてきました。
この地で10年にわたり生活し、言葉と数多くの印象的な方々とお会いできたことは、私にとってこの上もない幸運でした。
母国ドイツに戻ってからも、公私にわたり日本との関係はとても密接に続きました。
今日に至るもそれは変わりません。
日独のビジネスサークルの理事長として、ベルリンの日独センターの理事会理事長として、日独両国の関係をより親密なものに運ぶことは私にとって大きな喜びです。

個人的にも日本文化への興味は尽きません。そしてドイツにおいてより多くの方々に広めることに喜びを感じます。
例えるなら、私が毎年日本から様々なお客様をお連れするバイロイト音楽祭への熱意もフランクフルトで毎年行われる世界最大の日本映画祭、ニッポンコネクションへの私の熱意と意欲も、また同様です。

今後共、一層人々とのご縁を広げ、日本において優れた金融サービスとビジネス機会をお客様にお届けしながら、様々な局面で日独両国の協働関係を進展すべく努力を重ねることこそ、私にとりまして無類の名誉と喜びです。

ゲアハルト・ヴィースホイ(Gerhard Wiesheu)
無限責任パートナー
B.メッツラー・ゼール・ゾーン&Co. KGaA

1962年生まれ、ランツフート(Landshut)大学 経営経済学部卒業、同大学にて経済学士取得。その後デュイスブルク(Duisburg)大学院にて東アジア経済を学ぶ。

1987年よりコメルツ銀行(Commerzbank AG)本社フランクフルトの投資銀行部門を皮切りに、日英機関投資家セールス課課長等様々な職務を経験。

1991年より1999年までの間、コメルツ投信投資顧問(Commerz International Capital Management GmbH)で要職を担う。とりわけ1995年から1999年までは東京の同社日本法人(Commerz International Capital Management (Japan) Ltd.)の代表取締役を務めた。 1999年より2001年まで、コメルツ投信投資顧問本社フランクフルトのマネージング・ディレクターとなる。

2001年4月、メッツラー銀行(Bankhaus Metzler)に入社、メッツラー・アセット・マネジメント GmbHのマネージング・ディレクターに就任(現在、監査役会議長)した。同年5月、日本法人であるメッツラー・アセット・マネジメント株式会社の取締役に就任した。

2002年5月よりB.メッツラー・ゼール.ゾーン&Co.ホールディングスAG(メッツラー・グループ持株会社)のパートナー(経営役員)となり、2012年には同社エグゼクティブ・ボード・メンバーに就任。

2015年より、B. メッツラー・ゼール. ゾーン & Co. KgaA(B. Metzler seel. Sohn & Co. KgaA)の無限責任パートナーに就任した。

(メッツラー・グループにおける主な役職)

会社名

役職名

就任時期

メッツラー・アセット・マネジメント株式会社(当社)

取締役

2001年05月

メッツラー・ペイデン LLC

取締役

2003年06月

B.メッツラー・ゼール・ゾーン&Co.ホールディングAG

エグゼクティブ・ボード・メンバー    

2012年05月

メッツラー・ペンションファンズAG

監査役会議長

     2013年08月

B.メッツラー・ゼール・ゾーン&Co. KGaA

無限責任パートナー

     2015年12月

メッツラー・アセット・マネジメントGmbH

監査役会議長

     2014年9月

2011年    日独産業協会(DJW)社団法人    理事長
https://www.djw.de/ja/

2013年    社団法人 バイロイト音楽祭友の会   評議会会長
https://freunde-bayreuth.org/

2015年    ベルリン日独センター (JDZB)    評議会会長
https://www.jdzb.de/jp/home/

2012年    ゲーテ大学(フランクフルト)東アジア研究学際センター(IZO)    評議員
https://www.uni-frankfurt.de/50563350/Interdisciplinary_Centre_for_East_Asian_Studies__IZO

2012年    日独協会フランクフルト(社団法人)    顧問会メンバー
https://www.djg-frankfurt.de/ja 

2017年    フランクフルト金融センター推進財団    取締役&運営委員会 役員
https://frankfurt-main-finance.com/en/

2015年    外務大臣表彰受賞    
 外務大臣表彰とは我が国と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をしている中で,特に顕著な功績のあった個人および団体について,その功績を称えるとともに,その活動に対する一層の理解と支持を国民各層にお願いすることを目的とするもの。    

訪問団代表

2015年    メルケル首相
    
2016年    ガウク大統領
    
2018年    アルトマイヤー経済エネルギー大臣
    
2019年    メルケル首相